2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dr.スランプ [鳥山明] - マンガレビュー

ペンギン村という田舎町に住む"自称・天才科学者"の則巻千兵衛と、その博士が作ったロボット「則巻アラレ」らが繰り広げるハチャメチャな日常を描いたギャグ漫画。

鳥山明というと、どうしても「ドラゴンボール」や「ドラゴンクエスト」がクローズアップされますが、個人的にはDr.スランプの方が断然好き!馬鹿馬鹿しくって、たまにハートフルにさせてくれます!

少年誌に載せる漫画としては、これ以上のものはないのでは?というほどの伝説的な作品です。


■キャラクター:★★★★★
・この作品に出てくるキャラは面白いだけじゃない・・・"暖かい"んです!

■ストーリー:★★★★★
・ストーリー性はそれほどないけど、たまに「良い話」有!

■読み易さ:★★★★★
・小難しいナレーションなしで読めて、予備知識も特に必要ない。
・"デフォルメの天才"鳥山明によるイラストは必見!
・本編も面白いけど、扉絵が凄すぎる・・・。

■お勧め度:★★★★★
・暖かさや人間味があるし、何より面白い。子供の部屋に置いておきたい漫画。


テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

王下七武海が出揃った - ONE PIECE

王下七武海
・"鷹の目" ジュラキュール・ミホーク
世界一の剣士。第50話「己々が路」(コミック6巻)以降、物語の分岐点等に出てくる。
ゾロが完敗した相手。

・ジンベエ
魚人海賊団の頭。第69話「アーロンパーク」(コミック8巻)にて、ヨサクが言及。

・"黒ひげ" マーシャル・D・ティーチ
白ひげ海賊団で仲間殺しを行い離脱後、ドラム王国を滅ぼし、エース撃破等を経てクロコダイルの後釜として七武海に。第223話「ワタクシはこの町で決してケンカしないと誓います」(コミック24巻)からエースとの決闘(コミック46巻)までのところどころに出てくる。自然系"ヤミヤミの実"の能力者。

・"暴君" バーソロミュー・くま
第234話「ご記憶下さいます様に」(コミック25巻)以降、スリラーパーク、シャボンディ諸島で麦わらの一味と接触。いずれの戦闘でも、麦わらの一味が全滅寸前の時に現れた。"ニュキュニュキュの実"の能力者で"パシフィスタ"。

・ドンキーホーテ・ドフラミンゴ
第234話「ご記憶下さいます様に」(コミック25巻)以降、物語の分岐点等に出てくる。

・ゲッコー・モリア
第455話「王下七武海 ゲッコー・モリア」(コミック47巻)にて登場。麦わらの一味に敗れたが、七武海に留まる。"カゲカゲの実"の能力者。

・"女帝" ボア・ハンコック
アマゾン・リリー皇帝。九蛇海賊団船長。第516話「海賊女帝ボア・ハンコック」(コミック53巻)にて登場。



それと、

海軍本部・最高戦力=大将

・"青キジ" クザン
・"赤犬" サカズキ
・"黄猿" ボルサリーノ

も。

テーマ:ONEPIECE - ジャンル:アニメ・コミック

«  | HOME |  »

メモ主より

気が付いたら放置中!!
「タロー」です。

コメントやトラックバック、リンクに関してはどうぞご自由に!

マイ ウォッチリスト

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。