2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OpenOffice 3.0を使用するにあたって

OpenOffice 1.1の頃から追ってきたけど、OpenOfficeの開発者の人達には心からありがとうと言いたい! OpenOfficeのおかげで、大学のレポートやプレゼンをするのに経済的負担が無くなった。MS Officeのライセンス料を考えると、めちゃめちゃでかい。

MS Officeとの互換性云々はおいておいて…OpenOfficeのファイルフォーマットであるODFは、今では国際的にも認められて標準化され、OpenOfficeではバージョン毎の互換性で悩むこともない。新しくなる度にライセンス料を取るMS Officeは、旧バージョンからは読み込みすらできなくなることもあるし、サポート料金を取るにしても会社員や学生が払う額としては高すぎる…。

OpenOfficeを無償で、かつ長期的に安心して使うことができるならそれにこしたことはないと思う。特に日本の税金が、官庁・地方自治体・教育現場からMicrosoft(要するに今問題になってるアメリカ)に流れている現状を考えると…。そのためにも、プロジェクトが末永く続くことを願っている。

OpenOffice 3.0を使用するにあたって是非提案したいのが、OpenOffice.orgを応援しようということ。OpenOffice.orgはSun(自体はアメリカの企業だけど笑)から支援を受けているものの、ライセンス料を取っていない以上、一部の開発者にとっては慈善活動に近いこともあるので、開発者のモチベーションやより充実した支援を促す意味でも、ユーザー登録(無料)することに積極的であっても良いと思う。

OpenOffice 3.0を起動すると、登録画面が現れる。

1.ようこそ
次へ。

2.個人データ
OpenOfice 2 のデータを消去していなければ、そのまま移行できる。

3.ユーザー名
記入する必要無し。

4.オンライン更新
自動的に更新をチェックするかどうか選択。

5.登録
登録しなくても何ら問題無いが、登録くらいしてあげても良いと思う。



[メモ]
オプション→OpenOffice.org→セキュリティのオプションおよび警告の「セキュリティのオプション」欄で、「保存時に個人情報を削除」にチェックを入れる。大事な情報が入ったファイルにはパスワードをかける。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mmemmo.blog43.fc2.com/tb.php/15-c67d7908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

メモ主より

気が付いたら放置中!!
「タロー」です。

コメントやトラックバック、リンクに関してはどうぞご自由に!

マイ ウォッチリスト

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。