2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Firefox 3.0.8」リリース - 重要度"最高"の脆弱性2件を修正

今回のリリースでは、重大なバグ修正2件を前倒しで修正したとのこと。このため、もともとFirefox 3.0.8で修正するはずだった脆弱性はFirefox 3.0.9(来月リリース)で修正されることになる。

脆弱性の内1件は、すでに攻撃用のコードが出回っている状態ということなので、早急なアップデートが必要。もう1件の脆弱性に関しては、今月行われたハッキングコンテスト"Pwn2Own"で発見されたもので、報告者のNils氏(ドイツの大学院生)によると、Windows版、Mac版ともに影響を受けるという。

ちなみに、"Pwn2Own"では「Internet Explorer 8(for Windows 7)」と「Safari(for Mac OS X)」も陥落しているが、これらのブラウザの修正版はまだリリースされていない。主要ブラウザの中で、脆弱性に対する対応の早さではFirefoxがトップであることは間違いないし、先述のNils氏らによると、Firefoxは他のブラウザに比べて攻撃するのはかなり大変だという。無料なのになぜ??と思うが、こういうところで"オープンソース"の利点が出ているようだ。Firefoxは、ソースコードが公開されているため、世界中から優秀な開発者が集まり、すぐに修正パッチが作成されるという仕組みが定着している。(人気ブラウザ故の)脆弱性の数はともかく、それに対する対応の早さは、ユーザーにとって最優先事項と言って良いことだけに、"オープンソース"ブラウザの優位性が際立っている。

気になる次期Firefox"コードネーム:知床"については、現在、Firefox 3.1 beta 3まで開発が進んでいるところだが、beta 4からはバージョン名を3.5にし、正式リリースも「Firefox 3.5」となる模様。Firefox 3.5では、HTML5のサポートやプライベートブラウジングモードなど、最新の機能が盛り込まれるということなので、今後ともFirefoxの動向には注目だ!

-> 関連記事

[外部リンク]
Firefoxに深刻な脆弱性、修正パッチ公開へ (ITmedia News)

テーマ:Firefox - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mmemmo.blog43.fc2.com/tb.php/125-8fce27f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

メモ主より

気が付いたら放置中!!
「タロー」です。

コメントやトラックバック、リンクに関してはどうぞご自由に!

マイ ウォッチリスト

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。