2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft セキュリティ更新プログラムをリリース - 2009年3月11日付

今月もWindows XP(32bit)では、Microsoft Update経由で、以下のような更新ファイルがあった。


※1

※1 悪意のあるソフトウェアの削除ツール(KB890830)は、ダウンロードセンターから直接ダウンロードした後に実行するのがGOOD (万が一、作業中に動作することを防ぐため。) 実行後は、ゴミ箱行きで問題無し。頻繁に必要無いから。

事情があってMicrosoft Updateが機能しない場合等、マイクロソフト ダウンロードセンターから、更新プログラムを入手してパッチングしなければならない。(※2下記参照)

※2 僕の環境では問題ないが、上記2つの他にKB938464が繰り上げ(再リリース)されていることに注意が必要。JPEG処理に関するセキュリティパッチのようだが、XP SP3等のサービスパックを導入した場合、未適用になってしまう不具合があったという・・・。(最悪の場合、半年近く"緊急"レベルの脆弱性が放置されていたということか。) サービスパック導入後に、Microsoft Updateを実行していればパッチングされているはず。

[外部リンク]
MS、月例パッチでWindowsカーネルの深刻な脆弱性に対処 (ITmedia News)
マイクロソフトがWindowsカーネル、WINSの脆弱性を修正 (ZDNet Japan)
MS、深刻度が「緊急」のパッチを公開-リモートコード実行の脆弱性に対処:ニュース (CNET Japan)

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mmemmo.blog43.fc2.com/tb.php/120-b7b96552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

メモ主より

気が付いたら放置中!!
「タロー」です。

コメントやトラックバック、リンクに関してはどうぞご自由に!

マイ ウォッチリスト

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。