2009-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Firefox 3.0.10」リリース - 3.5 beta 4も公開!

Mozillaは、重要度"最高"の脆弱性1件を修正した「Firefox 3.0.10」をリリースした。

自分の環境(Windows XP or Ubuntu 8.04)では問題なかったけど、パソコン環境によってはFirefoxが強制終了を繰り返す状態になっていたとのこと。Firefoxの更新自体は、大した負担にならないけど、人によって受け止め方は様々。まあ、僕はリリース頻度が多くても放置され続けるより、はるかに良いと思うけど・・・。

また、次期バージョンである「Firefox 3.5」のベータ4もリリースされた。今回のリリースで"ベータ版"としての公開は最後となり、近く正式リリースの候補(RC)版がリリースされる予定。

とりあえず、「Firefox 3.0」のサポートは今年いっぱいは続くと思われる。

[外部リンク]
モジラ、「Firefox 3.5」ベータ版を公開 (CNET Japan)
スポンサーサイト

テーマ:Firefox - ジャンル:コンピュータ

行き着いたのが「Windows XP モード」ですか・・・。

CNET Japanより。

将棋で言うと、中盤戦に入って相手が攻めて来たのを見て→自陣で駒組みし直してるといったところか。後手後手、守り守りの一辺倒だ。(Microsoftは、この局面を打開出来る「名人」なのか?)

Microsoftは、次期OS「Windows 7」で、XP以前に使われていたアプリに対する互換性を向上(?)させるために「Windows XP モード」という仮想化技術を用いた奥の手を出すとのこと。これと似たような事を、はるか昔にAppleがやったような・・・。(Mac OS XでもMac OS 9以前のアプリを使えるようにした、いわゆる"クラシック環境")

Windows 7を買わなくても、例えばLinuxホストでWindows環境の仮想化やアプリのエミュレート程度のことなら出来てしまうので、"本家"でやっとかなきゃって感じだろうか。ただ、この機能、ハイエンド向けの「Windows 7 Professional」もしくは「Windows 7 Ultimate」でしか利用出来ないというし、多くのXPユーザーがWindows 7移行を促すのにたるのかは疑わしい。元から独占欲に駆られた企業だけど、あれもこれもやってる内にWindows 7もスルーされてしまうのではないだろうか?? まあ、XPからWindows 7へのアップグレードは出来ないっていうのに、これからもWindows XP搭載PCを流通させまくるつもりらしいので、すでにヤケクソなのかもしれない。

オープンソース勢の躍進や、ユーザーの意識の変化等もあるし、Vista導入に関して完全にNo!を示したと言われるCPU製造元のインテル自ら、ネットブック(あるいは"ネットトップ"やモバイル端末)向けのOS「Moblin」の開発に本腰を入れてるところ等を見ると、時代が大きく変わるかもしれないと考えた方がロマンがあるかも。

-> 関連記事

[外部リンク]
マイクロソフト、「Windows 7」でXPモードを提供へ (ZDNet Japan)
MS、Windows 7でXPアプリを稼働できる「Windows XP Mode」発表 (ITmedia News)

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

«  | HOME |  »

メモ主より

気が付いたら放置中!!
「タロー」です。

コメントやトラックバック、リンクに関してはどうぞご自由に!

マイ ウォッチリスト

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。